• ホーム
  • AGA治療には保険は適用されない

AGA治療には保険は適用されない

男性の薄毛や抜け毛の原因の一つとして、AGAが挙げられます。
AGAへの対策は市販品を使用する方法と医療機関で治療を受ける方法の2つに分けることが出来ます。
医療機関でAGA治療を受けるという場合、気になるのが保険が適用されるか否かということではないでしょうか。

AGA治療においては、どのような治療方法であったとしても保険が適用されるという事はありません。
保険適用外の理由は、脱毛や薄毛が直接命を脅かすような病気ではないためです。
そのため、医療機関によって同じ方法で治療を受けたとしても費用には違いがあります。
医療機関で受けることが出来る治療方法は主に以下の方法があります。

  • 男性ホルモンの生成を抑制する効果のあるフィナステリドなどの内服薬を使用する
  • 毛髪の育毛・発毛を促す効果を期待することが出来るミノキシジルなどの外用薬を使用する
  • 男性ホルモンの影響を受けにくい箇所から毛根を採取し薄毛の気になる部分に移植する自毛植毛
  • 休止状態となっている毛母細胞に成長因子を注入し細胞分裂を活発にするHARG療法
  • 発毛成分を直接頭皮に注入する発毛注射

医療機関によっては独自の治療を行っているところもあるため、あらかじめ確認をするようにしましょう。
なお、高額の医療費がかかった場合、手続きをすることにより一定額が返金される医療費控除という手続きがあります。
AGA治療の場合、基本的にはいくら治療に高額の費用がかかったとしても、医療費除費という手続きを利用することは出来ません。
それは健康保険が適用されないことと同じ理由です。
しかし、例外があります。
それが、精神的理由や他の病気の影響によってAGA治療を受けることになったと税務署および税部署職員に認められた場合です。

1年間にAGA治療費が合計で10万円以上となった場合は税金分が返金されます。
全ての人が認められるわけではありませんが、諦めずに税務署に相談をしてみると良いかもしれません。

AGA治療を医療費除費にできるのか?

AGA治療と聞くと、大半の人々はフィナステリドとミノキシジルを併用した治療法をイメージする人は多いのではないでしょうか。
フィナステリドは5α-還元酵素阻害薬で、脱毛を促進する男性ホルモンを抑制させる効果を期待出来るメリットを持ちます。
また、ミノキシジルは血管を拡張する作用を持つため、血流を高める事で毛髪組織に栄養を運びやすく出来るなど、発毛ならびに育毛の効果を期待出来るAGA治療が一般的です。

しかし、AGA治療法には後頭部の毛髪細胞組織を薄くなった部分に移植を行う自毛植毛を初めHARG療法、発毛注射などの手法が用意してあり、薄毛の症状や医薬品の副作用に対する不安を抱く男性からの注目を集めています。
AGAは進行型の薄毛が特徴で、そのまま放置しておくと毛髪がすべて脱毛するケースもあると言われています。

フィナステリドやミノキシジルによる治療法は医薬品の使用を止めると再び脱毛が生じるリスクがある、HARG療法や発毛注射は副作用が少ないけれども、施術を受けられる病院が限定されます。
保険適応外と言う点においてはすべてに当てはまるもの、AGA治療の共通点と言えましょう。
また、保険適用外の場合には医療費控除の対象になる事もありますが、AGA治療の場合は基本的に医療費控除の対象から外れてしまうので治療費用は全額負担になってしまいます。

但し、医療費控除の場合には特例も認められているため、控除の対処になるケースもゼロではありません。
精神的理由によるもの、病気が原因で脱毛に至る、そしてAGA治療を受ける事になった場合には、税務署や税務署職員に認められた時には医療費控除を使う事が可能です。
尚、医療費除費はAGA治療だけではなく、1年間で家族全員の診療費や薬代の合計が10万円を超えた時に税金分が返金されるわけです。

関連記事