• ホーム
  • 薄毛に効果的な食事について

薄毛に効果的な食事について

薄毛になってしまった頭を運動や睡眠などではなく、食事によって改善したいと考える人は多く、薄毛に効く食べ物や育毛に良いとされるものについてよく聞きます。
しかし食べ物によってAGAを完全に治すことは出来ません。
食べ物によって今ある髪の毛を健康的に保ち、薄毛の進行を食い止める事は出来るので、悩まれている方や心配な方は食生活に意識を向けてください。

健康な髪の毛を保つために必要な栄養素はたんぱく質やミネラル、ビタミンです。
たんぱく質は人の体や頭皮を構成するために必要な栄養素です。

たんぱく質を多く含む食材は納豆です。
大豆が発酵する過程でビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素が増加する食べ物です。
納豆の栄養素を無駄なく摂取するためには、そのまま食べることがおすすめです。
また牛肉やラム肉、卵などにも多くのたんぱく質が含まれているためAGAには良い食材です。

ミネラルを多く含む魚類や牡蠣は、生のまま食すと良いとされていますが、加熱して食べたいという場合は鍋などに入れて、汁に溶け出した栄養素を余すことなく摂取することができます。
緑黄色野菜や柑橘類によって多くのビタミンを補給することができます。
緑黄色野菜には多くの野菜がありますが、よく食されるのは人参やほうれん草、トマトやかぼちゃなどです。
かぼちゃはビタミンAやビタミンB群、ビタミンEなど多く含まれています。
皮や果肉はもちろんですが、わたや種も含めて全てが栄養満点な食材です。
わたや種ごとミキサーにかけてポタージュにするなどして、かぼちゃをまるごと食べられるようにすると栄養素を余すことなく摂取することができます。

レバーにも多くのビタミンやミネラルが含まれていて、レバ刺しなど生のまま食すのが良いです。
熱に弱く調理をする過程で壊れてしまう栄養素が多いため、そのまま食べる方が良い食材ばかりです。
そのままが無理という場合は、汁としても飲む事が出来るような調理法で、溶け出した栄養素を摂取するようにしましょう。

薄毛予防には睡眠や運動が必要

AGAは日常生活の内容が影響しますが、食事だけでなく睡眠や運動も大切な要素です。
特に睡眠は髪の毛を育てるための大切な時間でもあり、睡眠武装になると髪が十分に育たなくなります。
睡眠中は髪を育てる成長ホルモンが分泌され、眠りが深いとより多く分泌されます。

睡眠不足になるとストレスも溜まってしまいます。
ストレスによって血流も悪くなり、髪の毛を育てるための栄養分が運ばれなくなります。
一般的に6時間以上は眠るということ、もしくは深い眠りをすることでストレスを溜めないことです。

もう一つAGAの原因が運動不足です。
運動をすることで血行を促進して酸素をより多く取り込んで血液の中に取り込みます。
運動といっても適度な運動で十分であり、ジョギングやウォーキングをします。
運動を行うことでストレスを発散でき、ストレスで睡眠不足という方も解消できます。
このように薄毛を予防するには睡眠を十分にとることと、適度な運動を行うことです。

薄毛に効果のあるビタミンやミネラル、食物繊維も食事で摂取しますが、具体的に何を食べるとよいか考えてみます。
ビタミンや食物繊維ということから緑黄色野菜は効果的です。
生のままでは量を食べることができない場合はたき物にするといいです。
柑橘類はビタミンEやビタミンCが豊富に含まれています。
ジュースにするという方法もあります。

ビタミンBやタンパク質、ミネラルは納豆でも摂取できます。
牡蠣や魚類にも豊富に含まれています。
食べ方としてもできるだけビタミンやミネラルを壊さないようにとることです。

AGAは生活環境を見直すことで改善できます。
睡眠不足や運動不足は継続的に改善することと、食事は意識してビタミン、ミネラル、タンパク質を摂取します。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧