男性の薄毛の原因

年齢と共に薄毛になるのは自然な状態ですが、まだ若い男性でも薄毛に悩まされることがあります。
その代表的な症状がAGAで異常脱毛と言われ、薄毛になりやすいのが頭頂部と前頭部です。
AGAの原因になるのはDHTというホルモンですが、これはテストステロンという男性ホルモンと、5αリダクターゼという酵素が結合することで強力な脱毛作用を発揮してしまいます。

髪の毛というのは正常な成長サイクルの元、生えてきて健康な髪の毛が育つものです。
ですが毛乳頭細胞の受容体とDHTが結合することで、髪の成長を阻害し、成長期が短くなってしまうことで十分に育っていない髪の毛を抜けさせてしまうのです。
頭頂部と前頭部には男性ホルモンの受容体が多いため、この部位で薄毛が進行してしまいます。

AGA以外の脱毛原因では、生活習慣やホルモンバランスの乱れなどから起こる代謝異常も考えられます。
代謝異常で抜ける毛というのは髪質が変質していたり、極端に毛根が細く弱っていたりします。
このような症状を引き起こしやすいのが、ストレスや過度なダイエットのような体や心への大きな負担です。

ストレスというのは交感神経を刺激して血行を良くするのですが、細い毛細血管などは反対に収縮して血行が悪化します。
そのため髪へ栄養を届けるための毛細血管の働きが悪化して必要な栄養が届かなくなることで、抜け毛が進行しやすいのです。
ダイエットも、あまり極端すぎると体に必要な栄養分が不足してしまいます。
髪の毛というのは末端の細胞ですので、体の重要器官に優先的に栄養がいくことで、どうしても髪の毛への栄養は不足しがちになってしまうのです。

それ以外の外的な要因としては、パーマ・カラーのような刺激のあるヘアスタイルを頻繁に行なうことも薄毛の原因です。
パーマ・カラー自体が直接薄毛を招くというよりは、繰り返すことで頭皮環境が悪化することで抜け毛になりやすいのです。
ですから続けて施術をするよりは、一度パーマ・カラーをしたあとは数ヶ月は間を置くようにしたり、肌への負担の少ない施術法を選ぶことも必要です。

女性の薄毛の原因

このようなことにより男性は薄毛になりやすいわけですが、特に注意するべき箇所は前頭部と頭頂部の間にある側頭部です。
ストレスや急激なダイエットなどが原因すると、代謝異常などになり、後頭部が薄毛になりやすくなります。
耳の後ろ当たりの薄毛に悩んでいる方は、私生活を見直し、改善してみるのが一番です。

また、ストレスなどで、白髪が多くなるというケースもあります。
一般的に、白髪が多いと薄毛にならないと言われていますが、この場合は真逆といってもいいです。
白髪が急激に増えたという方もストレスなどの改善をしてみてください。

5αリダクターゼというのは男性ホルモンをより強力なものに換える物質です。
5αリダクターゼが分泌されてしまうと髪の毛にマイナスに働くので、薄毛の原因となります。
5αリダクターゼは遺伝によって伝達されるので、親が薄毛だと子供も薄毛になる、と言われるのはこのためです。
5αリダクターゼに対抗する薬もあるので、ストレス改善などでも効果がない方は要注意です。

さらに、髪の毛には成長サイクルが存在し一定の毛が毎日抜け、一定の髪が生えてきています。
薄い髪の毛が生えてくると薄毛になりやすいというのはこのためです。
髪の成長サイクルの乱れが起きてしまうと薄毛になってしまうのです。
このようなこと以外にも、人為的要因もあります。
例えば、パーマ・カラーです。
頭皮の皮は手や足の皮よりも薄くなっていて、その分だけダメージを受ける確率は高くなります。
頭皮への人為的ダメージが要因となっていることも多々あります。

そして最後にDHTです。
DHTとは、上記の5αリダクターゼよりも強い男性ホルモンの一種です。
このホルモンが薄毛に一番関与するといっても過言ではありません。
この物質も薬で対処できるので、要チェックです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧